東京の心理カウンセリングなら完全解決志向型の人生再構築メンター夏川佳子

『完全解決メンタリング』あなたの人生は、あなた自身が変えることができます。

「本気で変わりたい」と思っている
あなたと、とことん向き合います。
あなたの力を引き出し、解決へと
全力でサポートします。

こんな思いを抱えている方はぜひご相談ください。

以前にカウンセリングを受けたことがあるけど、効果なかった

問題や悩み事を抱えているけど、どうしたらいいかわからない

目標や将来に向かって自分のメンタルを鍛えたい

精神科や診療内科を受信しようか、迷っている

通院の方や薬を服用中の方、重い症状にお悩みの方もご相談いただけます

夏川佳子のカウンセリングの強み


満足度の高い
短期解決志向型のカウンセリング

豊富なスキルと臨床経験があるからこそ可能な「メンタリング」を中心とした解決型の心理カウンセリングで負担なくスピーディに解決へと導きます。


多岐にわたる職種での仕事経験

カウンセラーになる前、多岐にわたる仕事や人間関係を経験しました。仕事や人間関係で悩むひとりでも多くの方のお悩みを理解し、解決したいと思います。


外国人の方も対応します

米国生活経験があり、米国欧州文化や対人関係のあり方の違いを経験しました。英語でのセッションも可能です。


全国からアクセスしやすい
東京駅拠点

場所は東京駅から5分ほどのシェアオフィス。電車や高速バスなどで地方からお越しの方もアクセスしやすい立地です。


安心して集中できる
カウンセリングルーム

プライベートが保たれたシェアオフィスのミーティングルームで安心してセッションに集中できます。


出張カウンセリングも可能です

ご要望に応じて出張カウンセリングも対応。ご予約の際に出張希望の旨をお伝えください。(別途費用)

よくあるご質問

どんな問題の相談ができますか?

いじめ、家族問題、人間関係、人生再構築、人格障害をメインに受けていますが、どのような課題でもお話を伺います。意外と、ご自身が気にかけている問題と違うところに問題がある場合も多いです。「弁護士のほうがいいのか?でも訴訟でも無いし...…」「税理士のほうがいいのでは無いか?でも、お金の問題の前に感情論でぶつかっているし…」「誰に相談すればいいのかわからない課題を抱えている」などのケースも、まずはいらしてください。想定とは違う解決方法に出会えるかもしれません。

心療内科の薬を服用中ですが大丈夫ですか?

心療内科や精神科の薬を服用されている方も、どうぞいらしてください。心療内科は内科的な症状が精神的な問題で出ている場合の医療的対処療法ですので、内科的治療は止めることはできません。精神科の場合も、症状が精神状態に出ているので、薬の必要はあります。薬を飲みながらでも、心理カウンセリングを並行して行って行くことは、改善への近道です。考え方や心のあり方が変われば、症状が改善されるケースは多いのです。

誰でもカウンセリングを受けられますか?

はい。男女問わず、年齢も問いません。どなたでも受けていただけます。「会話を中心にするのが心理的カウンセリングだから、言葉が拙いとダメでは無いか?歳をとりすぎているんじゃ無いか?」と心配される必要は無いのです。夏川のセッションは、多くの技法を持って対応するので対象者(クライアント)を選びません。老若男女、幼児から高齢者までどうぞ。

自分の課題でしか受けられないのですか?

悩んでいるご本人が受けるのが一番良いですが、ご家族であればご本人と一緒に暮らす家族も困っているはずです。引きこもりの子供を持つ親御さん、人格障害である配偶者との関係にお悩みの方、特定の誰かに何がどうだかわからないけれど巻き込まれてしまっているご友人など、周囲にいらっしゃる方も困っているのです。ご本人だけでなく家族や関係者の方がカウンセリングを受けられることで、間接的にご本人が改善されるケースも多々あります。まずはご自身の課題であろうと、他者の問題であろうと、負担や問題を感じているならご相談ください。

医療機関と何が違うのですか?

鬱や統合失調や人格障害ですと精神科、精神の状態が内臓に出てきた場合は心療内科、顔面神経痛など心のストレスが神経に出た場合は神経科といわれていますが、医療機関にかかると、治療歴が長年残り、薬での対処療法であるので、病院での治療が嫌だとおっしゃる方も多いです。その点、心理カウンセリング、メンタリングは、医療機関ではないので、病歴が残りません。問題を起こすからくりに注目してセッションを行い、薬を飲まずに、さらに根本療法ですので、カウンセリングだけで完治を目指す方もいます。だからと言って、セッションを受ける場合に医師からの薬を服用中止する必要はありません。もし薬をやめたい医師がある場合は事前におっしゃってください。薬と並行して行うことも、薬に頼らず行うことも、夏川は、クライアントの意向に合わせて対応方法を変えていくことができます。これが夏川の幅広く対応する特徴でもあります。

効率の良いカウンセリングの受け方を教えて下さい。

誰もが初回のセッションでは、自分を出し切れません。緊張しますし、どこから話して良いかわかりませんよね。自分らしい自然な会話をすることに慣れるまでに時間がかかる人もいます。 自分らしさや、素の自分、本音、心をオープンに自然な感情を出せると効果が出やすいです。理由は、真実の先に解決策があるから。夏川に、怒りや動揺を素直にぶつけていいのです。「ここまで言ったらよくないんじゃないか?」「言い過ぎは怒らせるだけだ」「自然体といえども礼儀は必要だ」などと考える必要は、全くありません。本音でぶつかってきてください。

ブログ

『それって気のせいでしょ』
厳しい一言シリーズ連載中!

このシリーズでは、日々の生活でありがちな、言いたいけど言えない言葉をピックアップして掲載しています。 「あーあるよねー」「わかる、わかる」と軽い気持ちで楽しんで読んでいただければと思います。 共感できる、気になる、もっと深めて話してみたい、反論したいなどにあてはまる方は ぜひ私の心理カウンセリングを受けてみてください。 意外と思わぬ人生の問題解決が待っているかもしれませんよ!